08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
♪ 声楽の会 Soave











♪Soave使用の声楽教材&CD

★☆★☆★







♪ カテゴリー

♪ 今日のあなたは何点?

♪ 最近のコメント

♪ QRコード

QR

♪ リンク

♪ ブログ内検索

♪ 無断転載禁止

従来のベルカントを基に、ヴォイストレーナーとしての長年の経験から、独自に考案した発声講座です。
無断で転載することは禁止します。

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッポッジョって?

2015.03.03 18:37|アッポッジョ
appoggioをイタリア語翻訳機で訳すと「アッポッジョ=支え・サポート・支持」となります。
身体の一番安定している所で、日本語では、昔から「丹田」と言われる場所です。
スポーツでも一番安定を求められる所で、腰回り全体。その中心部。

20cmほどの、少し強めのゴムを用意しましょう。
強さとしては、輪ゴムを5本纏めたくらいかな?
ゴムの端と端をお臍より15cnほど下で持って、両手で少し引っ張ります。
最初は、声を出す必要はありません。
歌おうと考えないで、ただゴムを引っ張ります。
その時、「胸の力=上腕部の力」で引っ張るのではなく、腰で引っ張る意識を持ってくださいね。
どうでしょうか?
お腹の奥が動いているのが感じられますか?

次は、ゴムを後ろ(腰)で持ち、同様に引っ張ります。
どこが動いたように感じますか?

声を出さず、自分の楽器を知る事が大切ですよ。
これがアッポッジョを感じる第一歩だと思って下さい。


コメント

さっそく、ありがとうございます!✨
試してみて、また感想をこちらにコメントしたいと思います!

100均の、ストレッチ用ゴムで暫く試していました。
私の感覚としては、お腹というより腰あたりの背中の筋肉がよこに広がる感覚がありました。

No title

たさん、お早うございます。
腰辺りの背中が感じられたら、ゴムを持たずに両手でゴムの引き具合をイメージしながら、
腰後ろからお臍下10cm程度の所までゆっくり息を吐きながら手を動かしてください。
逆方向も、して下さいね。(お臍下から腰後ろまで360°)

イメージトレーニングは、信号待ちの時とか、電車・バスを待っている時などでも簡単に出来ますから沢山した方が感覚を覚えられます。
感覚がしっかり定着したら、歌ってみましょう。

そして次は、上下のイメージです。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。